• ホーム
  • オーリスタットの飲みすぎに注意

オーリスタットの飲みすぎに注意

ダイエットしたい男性

オーリスタットを配合した内服薬は、肥満治療薬として海外ではポピュラーに処方されています。
重度肥満の患者だけでなく、ダイエット目的で海外セレブの間でも人気です。

オーリスタット配合薬は、脂肪の吸収を抑える事でダイエット効果を発揮します。
食事で摂った脂肪分はリパーゼという酵素によって、細かく分解されます。
実はそのままだと分子が大きすぎてしまい、腸で脂肪分を吸収できないのです。
ですので、リパーゼによって分解され始めて、腸内で吸収されるようになっています。
オーリスタットはリパーゼの働きを抑制する成分なので、服用する事によって脂肪の吸収を阻害できるのです。
食事の前か食後1時間以内に服用すれば、一般的に食事に含まれる約30%分の脂質を、カットできると言われています。
これだけの脂質の吸収を抑えられるので、ダイエットには高い効果を発揮します。

例えば、揚げ物など脂肪分が多い食事をしたとしても、オーリスタット配合薬を服用しておけば、通常よりも太り難くなるでしょう。
ただ、より痩せたいからといって規定の量より、多く服用するのは大変危険な行為です。
たくさん飲めばその分、脂肪の吸収を抑える事は出来るでしょう。

しかし、オーリスタット配合薬は医薬品ですので、正しい方法で服用しないと副作用を起こす危険性があります。
多く服用してしまうと、吸収されなかった脂質が便に入り込み、下痢を引き起こしてしまうケースも少なくありません。
また、脂肪分に溶けるビタミンAやビタミンEといった、脂溶性ビタミンの吸収が阻害され、肌トラブルを起こす危険性もあります。
このような副作用を起こさない為にも、オーリスタット配合薬は1食につき1錠の規定を守って服用しましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧